スポンサーサイト

2016.02.19 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    中国切手の中でも有名な赤猿切手においても例外ではありません。

    2016.02.02 Tuesday

    0
      最近は原油価格の急落で生鮮食品を除く消費者物価指数上昇率がゼロ近くに低迷し、企業や家計が物 価が上がりにくいと感じ始めている。
      年明け以降の世界的な株安と円高も企業心理に影を落としており、政府・日銀が重視する賃上げや設備投資が進まなくなる恐れがあった。
      日銀自身も29日まとめる経済・物価情勢の展望で、これまで2016年度後半ごろとしていた物価2%目標の達成時期を、17年度以降に先送りせざるをえない状況だ。
      にわかに浮上した追加緩和論には、目標とする物価2%上昇に向けて日銀が強い決意を示すという意味合いもある。
      ただ、先行きの不透明感は中国などの海外に原因がある。
      欧州中央銀行が3月の追加緩和を示唆したとはいえ、日銀が単独で追加緩和に踏み切っても、効果は限られるとの懐疑的な見方が行内にもある。
      日銀は現在の量的・質的金融緩和のもと、年80 兆円のペースで国債を買い続けており、あと2〜3年で市場の国債を買い尽くしてしまうとの指摘がある。
      これ以上の緩和拡大は限界を手前に引き寄せるだけだとの慎重論も消えていない。
      日銀はこうした賛否両論を慎重に検討したうえ、追加緩和に踏み切るべきかを決める。
      黒田東彦総裁が29日の会合で追加緩和を提案した場合でも、複数の委員が反対票を投じる構えだ。
      追加緩和の具体的な中身としては、年80兆円の国債購入額を90兆〜100兆円に引き上げる案が有力だ。
      年3兆円の上場投資信託の購入額を増やす案もある。
      オススメの情報をご紹介します。
      しかし、この切手の価値が下がっているのは日本国内の切手で在る事、切手ブーム以降に発行された切手であり、1950年代などに発行された切手や中国切手においての買取価格は切手の種類などに応じて高値で取引されているため、一概に切手の価値が下がっているとは言い切れません。
      中国切手の中でも買取価格が高くなると言われているのが毛沢東、天安門、動物シリーズ、文化、芸術と言ったモチーフの切手の買取価格が高くつけられており、中国切手の中でも有名な赤猿切手においても例外ではありません。
      中国切手買取
      JUGEMテーマ:切手


       

      スポンサーサイト

      2016.02.19 Friday

      0
        コメント
        コメントする