スポンサーサイト

2016.02.19 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    その代り、サービスエリアでその土地の空気に触れることは可能なのですけど……

    2016.02.15 Monday

    0
      市場参加者は急激な金利の低下で現在の 金利水準が割高か割安かの判断ができない状態だ。
      売買を控える参加者も多く、わずかな国債購入や利益確定の売却で相場が乱高下しやすいという。
      しかも経験がないマイナス水準の取引で相場観を描きづらい。
      市場参加者の動揺を象徴するのが、期間ごとの金利のばらつきだ。
      国債の利回りを満期までの期間が短いものから長いものまで線で結んだものを利回り曲線という。
      利回り曲線は通常、満期までの期間が長くなるにつれて上がっていく。
      ところが10日の曲線は複数の期間でゆがみが生じている。
      例えば2年物はマイナス0.220%なのに、5年物はマイナス0.225と2年物よりも低い。
      2年物と5年物の目先の需給だけで適正相場とかけ離れた取引が成立している。
      日銀の黒田東彦総裁が 必要ならばさらに下げると発言。
      追加利下げの可能性を織り込むかで曲線がいびつになっている面もある。
      国債利回りは社債発行などの基準になる。
      例えば2年物が5年物よりも高ければ、企業は資金を5年間調達するよりも2年間調達する方がコストが上がってしまう。
      市場では債券が落ち着くのは日銀がマイナス金利を導入する16日ごろからだとの見方が多い。
      マイナス金利導入で基準になる無担保コール翌日物金利の水準が定まれば、幅広い期間の適正金利も次第に見えてくるからだ。
      最後に「白川郷へのバスツアー」のおすすめサイトです。
      白川郷へのバスツアー
      ひとつだけ残念なのは、バス走行中の景色です。
      これは残念ながら電車にはかないません。
      たいてい高速道路を走るので、景色はちょっと味気ないです。
      その代り、サービスエリアでその土地の空気に触れることは可能なのですけど……
       

      スポンサーサイト

      2016.02.19 Friday

      0
        コメント
        コメントする